コンパスデンタルクリニック蕨コンパスデンタルクリニック蕨

診療内容:保険診療

摂食嚥下外来

食べる楽しみをいつまでも

摂食・嚥下障害せっしょく えんげしょうがい」とは?

こんな症状は
思い当たりませんか?マーク

  • ✔ 飲み込みにくくなった
  • ✔ 食事でよくむせる
  • ✔ 食べこぼしがふえた
  • ✔ 食べ物が口に残りやすい
  • ✔ よく熱を出すようになった
  • ✔ 食事の時間が長くなった
  • ✔ 話しにくくなった  など
  • など

もしかすると「飲み込み」の
問題かもしれません

飲み込みの問題 イメージ画像

高齢者は加齢により体を動かす筋力が衰え、体の動きはゆっくりになっていきます。
それは食べること、飲み込むことも同じです。加齢とともに歯の数が少なくなるだけではなく、食べるため、飲み込むための筋力も弱くなるので、うまく動きが協調できなくなります。口に食べ物を運び、噛んで飲み込むまでの過程が上手くいかなくなることを摂食・嚥下障害と呼びます。

飲み込みの問題 イメージ画像
説明図 飲食物や唾液を誤嚥する 誤嚥した細菌が肺に入り炎症を起こす

飲み込みの問題があると…?

高齢者における肺炎の最大の発症要因は”誤嚥(ごえん)”で、70歳以上では誤嚥による肺炎は60%に達するといわれています。
その他にも、飲み込みの問題があると、窒息、脱水、低栄養、食べる楽しみの喪失、基礎疾患の悪化を生じます。

説明図 飲食物や唾液を誤嚥する 誤嚥した細菌が肺に入り炎症を起こす

摂食嚥下外来せっしょくえんげがいらい」では

口腔機能が低下しないためには、予防していくことが必要です。
当院では「食べる・飲み込む」ことの「診断・評価」を適確に行い、食べる動きを回復するための訓練、食べやすい食事の形態、食べ方、介助の方法、飲み込みの補助をする口腔内装置の作製、摂食嚥下障害の予防法についてご提案いたします。

院内画像01 先生画像 院内画像02

診療の流れ

まずはお電話ください

十分な時間をとってお話を伺いたいので、予約制での診療をしております。
摂食嚥下外来は毎週月曜日です。
初回は、45分から60分程検査に時間を要することもあります。

当日までに準備が必要なもの(診療情報提供書 など)

飲み込みの障害を併発するような疾患(脳血管疾患、認知症、パーキンソン病など)をお持ちの方は、状態やこれまでの治療内容を確認して、患者様に応じた摂食嚥下リハビリを進めたいと考えております。
そのため、医師からの紹介状(診療情報提供書)や最新の検査データなどありましたら、現在の状況が分かるものを是非お持ちください。

お口の中を検査

お口の中を検査、レントゲン撮影など、お口の中の状態を調べます。

検査結果の説明と治療方法の提案

お口の中の状況を検査結果を交えて説明し、
リハビリテーション計画の提案をします。

治療の開始

お時間のない場合など、次回の予約から治療する場合もございます。

お会計・次回のご予約

今回の診療内容と次回の治療内容の説明をいたします。
次回のご予約もお取りしますのでご都合をお聞かせください。